お悩み・お困りごとはご相談ください

※お客様から許可のもと記述しております。
※プライバシー保護のため簡略化して記述しております。

 
千葉県市川市在住 男性
 

コンテナ倉庫に必要なものと、用品が保管してあり、大阪へ転勤を命じられたため、至急コンテナーの中の物を大阪に送りたいのと不要なものを処分して、倉庫会社との契約を解除したいとのこと。
早速、神奈川県厚木市の東名高速沿いのコンテナ倉庫で待ち合わせをし、依頼者から詳細を伺いと、「コンテナーの中の半分程度はごみとして処分をしてほしい」
「半分は大阪の自宅に送りたいが、今日の今日ではヤマト運輸の宅急便が荷物のピックアップには来られないと言っているので困っている」とのこと。

義を見てせざるは勇なきなり!ということで、「私たちが荷物を宅急便センターに持ち込んであげましょう」と申し出て、「助かります」ということで、私と従業員の依頼者はトラックに荷物を積載し、近くの宅急便センターへ。
宅急便センターの職員は160サイズ以下であっても、2箱の段ボール箱をくくり合わせたものは引き受けない!というところを、千葉県内の他の宅急便センターでは引き受けるのでなんとかしてほしいとお願いして、2個口を1個口にすることで送料を安く抑えるように交渉し、見事成功。
ただし自転車は宅急便でもヤマト便でも引き受けないのでヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便での配送になるため、ホームコンビニエンスの運賃を聞いたところ、自転車は送らないで、処分してしまったほうが経費の節減になるのでやめたほうがよいでしょうとサジェスチョン。

依頼者様も、賛同してくださったのでごみとして処分することでお引き受けし、作業は終了。
依頼者様は、全ての難問が一気に解決できたのでほっとされて大阪へ旅立たれました。

 

不良品回収・引っ越し代行・倉庫整理など、何でも便利な解決BASEにお問い合わせ下さい。

過去実績のまとめはこちらです