お悩み・お困りごとはご相談ください

※お客様から許可のもと記述しております。
※プライバシー保護のため簡略化して記述しております。

神奈川県横浜市 40代女性

夫から急に離婚を切り出されました。
これまで夫婦関係が、離婚に至るほど悪かったわけでもなく不審感を持ちました。
私が離婚を拒否してから、夫がDVをするようになったんです。
その上すぐには離婚できそうにないことを悟った夫は、別居の準備を始めている様子でした。

勝手に出て行った挙げ句の果てには、弁護士を通して離婚を催促する文書まで送られてきました。
全く身に覚えの無い内容であり、私も夫の部屋を探っていたところ、ホテルのサービス券やポイントカードを発見。
弁護士に相談したところ、素行を調べたほうが良いとアドバイスされ、ご依頼しました。

依頼した後、すぐに居住先は判明。職場から実家へ帰宅後の家の出入りを中心に調べてもらう事になりました。

対応してもらった内容は、
1日目
休日のため、日中から対応開始してもらいました。夕方家を出て向かった先はラブホテル。
ただ、女性とではなく、一人で部屋へ入っていったそうです。
その後、女性とホテルから出てきたものの、その女性は迎えに来ていた車両に乗り、対象者は自身の車で帰宅。
結果、女性を呼んで密会していたことが判明しました。

2日目
特定の女性が存在する可能性もあるため、週末夫の退勤時間から夫宅にて対応開始してもらいました。
間もなく夫は実家に帰宅したが、消灯まで女性の出入りは認められなかったようです。

3日目
夫の退勤時間から夫宅にて対応開始してもらいました。
帰宅後、しばらくして車に乗って外出したようです。
また、前回と同じラブホテルへ入っていったみたいで、そこへ現れた車両から降車した女性は、前回と同じ女性であることを確認できたそうです。
1時間半程して、2人でホテルから出てきて、夫の車に乗って移動。向かった先は数キロ離れたラブホテル。
移動先のホテルはこれまでのホテルより新しく、きれいなホテルでした。

そこで、2人が一緒にホテルに入るところの証拠を押さえてもらいました。
3時間経過後、2人でホテルから出てきたが、女性は迎えに来ていた車両に乗車し、夫は自分の車で実家へ帰ったためご対応終了。

4日目
週末、夫の退勤時間から夫宅にて対応開始してもらいました。
帰宅後、すぐに車で外出。
前回の2軒目に行った綺麗なホテルへ入って行った。
そこへまた前回までと同じ女性が現れて夫の部屋へ。
2時間後、女性が一人で出てきて迎えの車両に乗車。

夫はその3時間後一人で出てきて自分の車で実家へ帰ったため、終了となりました。

対応後の経過
結果を元に、夫から申し立てられていた離婚調停は和解で決着。
当初の夫からの提示額から更に和解金を上乗せした額でまとまり、離婚成立したそうです。

過去実績のまとめはこちらです